ふくらく

rakufuku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:趣味( 16 )

久々

今期初カヤック。
チョイ漕ぎのつもりが、昼近くから結構な風が吹いて、結果必死漕ぎなりました…

白髭神社の鳥居をくぐれたのは嬉しい。

d0176451_1712455.jpg


d0176451_17122752.jpg


d0176451_1715155.jpg

[PR]
by fuku-raku | 2017-05-08 17:15 | 趣味

酒まんじゅう

和菓子教室、今回は酒まんじゅう。

昔、本見て作ってみた時は見事に失敗して、
包む饅頭系には手を出すまい…と思っていたのですが、
やっぱり習うというのは違います。
包むコツを少し習得。

蒸し上がり、いい香り〜 ポコポコ可愛い〜
出来たてはホカホカ美味しい。冬に食べたいお菓子です。

薪ストーブの季節のうちに、復習しよう!

d0176451_21453318.jpg

d0176451_21454715.jpg

d0176451_2146211.jpg


ランチは久しぶりに、東山のこうじ屋さんで味噌汁定食。
六角のスタバでお茶。天井高く静かでゆったりしてて良い!
六角堂ビューの特等席でお喋り。良い日です。
[PR]
by fuku-raku | 2017-02-21 22:08 | 趣味

亥の子餅・鹿の子餅

11月の和菓子教室、亥の子餅。
伝来では旧暦10月亥の日亥の刻に食べるもので、今年は1日だった様です。
昔はピンポイントで食べていたのかしらん。

包むのがホント苦手ですが、ちょっとは慣れたのか少しうまく出来たかなー
鹿の子餅も同時に。
普段和菓子屋さんで並んでいても、どちらもなかなかの地味っぷりなので
選んで買うことは無かったのですが、
黒胡麻入りの求肥生地が柔らかく美味しくて、嬉しい発見!

猪と鹿。
先生は蝶も入れて、風流に花札を連想されておりました。ほう〜
私は真っ先に、ジビエ …

d0176451_23595397.jpg


d0176451_001140.jpg
d0176451_0165293.jpg
[PR]
by fuku-raku | 2016-11-09 00:09 | 趣味

あんみつ

京都一祥さんの和菓子教室。今回は、あんみつ。
たかがあんみつ。されどあんみつ。侮るなかれ。ちょっと侮っていた私…

口に入れるとホロっと崩れる寒天、
シュワっと溶ける淡雪、
それだけでも充分な美味しさ。
梅シロップをかけるあんみつも良い!

d0176451_22324631.jpg

d0176451_22335791.jpg



お昼は木屋町の割烹竹うちで。
ちゃんと和食。満足…

夕方、比良駅に着いた時、微かに稲穂の匂いがしました。
そう言えばいつの間にかヒグラシから虫の声に代わっているし、
秋が近付いて来ましたねー
d0176451_22511390.jpg

[PR]
by fuku-raku | 2016-08-30 22:48 | 趣味

インド料理教室

久しぶりにアガタペティカさんの料理教室に行きました。
今回はノンベジメニュー。
ケララチキンロースト、レモンコリアンダースープ、チャナスンダルの3品。

豆大好き、ひよこ豆も大好きなので、ひよこ豆の和え物・チャナスンダルはとても嬉しい。
丼で食べれそうです。
パクチーは大量にはちょっと苦手な私でも、このスープは全然平気です。
チキンのコクが効いてるからかな。レモンとの組み合わせが良いのかなー
チキンローストはもう、美味しくない訳がナイ。
たっぷり油を使うのに、何故かサッパリと食べれるんです。

今回も先生作のサラダと和え物もいただき、
ちようど梅雨明けした青空見ながら、皆さんと汗かきながら美味しいを連呼。大満足‼︎
夏とインド料理はピッタリです。
家でもまた作ってみます!

d0176451_19343565.jpg



今年は家の木にヒグラシがいる模様。
毎夕方、心地よい響きです。
[PR]
by fuku-raku | 2016-07-19 19:42 | 趣味

木漏れ日

昨秋の和展に続き、伝統工芸近畿展、無事終了しました。
皆様、ありがとうございました。
見てもらえるのは本当に嬉しいです。頑張ろう!と、改めて思います。

今回は、花絽織着物「木漏れ日」
新緑の季節、裏庭のコナラの木をボーっと見上げていた時の、
透けて重なる葉と隙間から覗く青空と揺れる陽の、爽やかな明るい景色。

毎度ながら…難しい…
技術の不足もさる事ながら、仕立てる時の制約や、実際着た時の想像、
色々考えるうちに、こじんまりとしたモノになってしまいます。
のびのびと。広がる様に。道のり遠し。


d0176451_23473143.jpg

[PR]
by fuku-raku | 2016-05-29 23:49 | 趣味

和菓子教室とインド料理教室

今回の和菓子教室は餡子レッスン。
いつも人気でなかなか予約が取れないのですが、この度、とうとう。

丹波大納言小豆から善哉と塩小豆、
北海小豆からこしあん、
白小豆から粒あん。

粒あん系は素材の良し悪し、こしあんは手間暇、
そしてどちらも経験が美味しさを左右しそうです。
塩小豆は感動の美味しさ。家でも煮てみようと思います〜

こしあん玉にゆかりも意外な組み合わせなのに良い!

d0176451_19361965.jpg


d0176451_19383491.jpg
d0176451_19365952.jpg




























そして、先月に行ったインド料理教室、アガタペティカさん。
本場仕込みの本格インド料理です。
隣駅にこんなところがあったとは〜

今回は「アルゴビ」と「ベジ・プラオ」
アルゴビはジャガイモとカリフラワーの炒め蒸し煮?で、
プラオは野菜のピラフのような…

どちらもスパイスたっぷり!なのですが、でもサッパリ。
塩ヨーグルトをかけるとマイルドに、先生お手製の漬物、アチャールも辛いけど美味しい〜
汗滲ませながらモリモリ食べるご飯は楽しいです。
d0176451_19551566.jpg


d0176451_19553361.jpg
d0176451_195548100.jpg




d0176451_1956535.jpg

[PR]
by fuku-raku | 2016-02-02 20:03 | 趣味

はなびら餅

和菓子教室はお正月菓子、はなびら餅。

昔働いていた店の隣に、更に昔ながらの和菓子屋さん、南山堂がありました。
南山堂さんの和菓子はご主人の人柄の様に優しくて控えめで、でも手の抜く事のない
とても美味しいお菓子ばかりでした。
私の和菓子好きはここから始まり育った様なものです。

人生で初めて「はなびら餅」なるモノを知ったのも、ここ南山堂さん。
大晦日まで働いて、お正月のお菓子を買って帰るのが定番でしたが、
はなびら餅はいつも敬遠。
だってゴボウ…和菓子にゴボウって…
聞くと中に味噌と餡子が入っているとか… …ええええ〜⁉︎
後に一度だけ食べてみたのですが、若い私には難しい味でした。

さて、あれから二十数年。
再会したはなびら餅は、めちゃめちゃ美味しかったです!
歳を重ねたせいか、手間がもの凄く掛かる事を知ったからか⁉︎

因みに何故ゴボウ?味噌?の謎が解けてスッキリ。
元は平安時代、正月の祝行事のお供えの中の、押し鮎が牛蒡に変化。雑煮の意味で味噌だそう。
鮎が牛蒡になった理由は不明だが、硬くて茶色いものの代用かな?と。
そしてお菓子にしちゃった人、斬新〜
今の形の歴史は浅く、明治中期からだとか。
へえ〜〜

d0176451_13455410.jpg



SOTOでランチ。
鯖の竜田揚げ。青魚嬉しい。
d0176451_13472669.jpg

[PR]
by fuku-raku | 2015-12-09 13:58 | 趣味

栗蒸し羊羹

恒例の和菓子教室でした。今回は栗蒸し羊羹。

餡子を蒸して栗を包んで竹皮で包んで蒸します。
羊羹には小麦粉入れて蒸す物と、寒天で固めるものがあるそうです。
よく考えてみたら、蒸し羊羹は初めて。
栗は縄文時代から食べられていて、しかも栽培種の大きな栗もあったそうです。
栗の美味しさは普遍なのですね〜

d0176451_2112244.jpg


d0176451_21124184.jpg

d0176451_2113069.jpg
[PR]
by fuku-raku | 2015-10-13 21:14 | 趣味

水無月と葛饅頭

和菓子教室、夏越祓の水無月と夏らしい葛饅頭。
祓……書いたことの無い漢字です…

水無月はういろうの様な感じ。
名古屋と言えばういろう。
たまに食べたくなるのですが、作り方は知りませんでした。
混ぜて蒸すだけなのですが、分離沈殿させない工夫が大事だそう。
ふむふむ。

葛饅頭は生地が勘所です。
そして前回で餡を包む事に苦手意識が生まれたものの、何とかはみ出さず成形。
作りたてのまだ仄かに温かい葛饅頭、また違った美味しさでした。

d0176451_21143886.jpg

d0176451_21145725.jpg














お昼はベトナム料理♪
久しぶりのフォー
立ち寄った雑貨店でお相撲さんゲット。ラブリー??
d0176451_21175585.jpg

d0176451_21181162.jpg
[PR]
by fuku-raku | 2015-06-23 21:30 | 趣味